【足】踵(かかと)の痛みに...|四条大宮整骨院ブログ|腰痛・肩こり・ヘルニアから交通事故の治療まで、四条大宮整骨院にお任せください

四条大宮整骨院ブログ

みなさん、こんにちは。
四条大宮整骨院 院長 川原です。
 
本日も私のブログを読んで頂き、ありがとうございます!
 
今回は「かかとの痛み」についてです。
 
打撲や捻挫などの痛みは原因が明らかですが、
慢性的にかかと周りが痛い、
または特に覚えが無いにも関わらず痛みが出てきた場合等の原因は
どこにあるのでしょうか?
 
ここで、いくつかの踵(かかと)の痛みの症状をあげてみます。
 
• 朝起きたときの第一歩や、歩きはじめ、席を立った時など、動き始めに激痛が走る
・歩行時、足を着地させたときに痛む。
• 常にかかとに違和感があり、 靴のなかに小石が入っているような痛みや何かを踏んでいるような違和感がある
• 階段を登るときなどつま先に負荷がかかるときに痛む、踵(かかと)や足裏が痛い。
• 押すと痛い箇所がある
• 長時間立っていると痛
・脚が付かれる前に、かかとが痛くて立っていられない
• 立った状態でスネをつま先側に向かって曲げると痛い
•一旦痛みが消失したかと思うと、再び痛くなってしまう…など、
不規則かつ継続的に痛みを繰り返す。
 
それぞれ、中〜長期にわたって症状が現れます。
かかとが痛くなる原因としては、
一般的にはスポーツでのハードなトレーニングや長時間の立ち仕事などの
大きい負荷が足にかかり続けることでおこるといわれています。
つまり、使いすぎです。
しかし、同じ環境でもすべての人に発症するわけではなく、
痛みが出やすい足は、ほとんどの場合
かかと周りにある骨格が崩れてしまっている状態にあります。
この状態が引き金となり、足裏にある筋や腱、またはそれらを覆う膜などに
強いストレスがかかり続けると、炎症が起こり痛みを発症するのです。
 
当院では、診察や治療だけでなく、
姿勢の指導や動作の指導等も行っております。
これはかかとに限った話ではありませんが、
日々の生活習慣や動作を意識するだけで体への負担のかかり方も違ってきます。
 
今一度、ご自身の生活習慣や動作を振り返ってみてはいかかでしょうか。

ページ上に戻る

アクセス

〒600-8490
京都市下京区立中町502
四条ファーストビル2F
TEL 075-812-0787

阪急大宮駅から徒歩1分
地下鉄四条駅から徒歩7分
JR二条駅から徒歩12分

メニュー

四条大宮整骨院ブログ

リンク